エッセイ執筆中

元トレッキングガイドが教える樹氷鑑賞に最適な服装【毎日吹雪です】

悩む女

「樹氷鑑賞に最適な服装を知りたい」

「オススメのスポットは?」

「レンタカーで行っても大丈夫かな」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

樹氷鑑賞に最適な服装【毎日吹雪】

樹氷のオススメスポット【三大樹氷】

樹氷鑑賞の際、レンタカーをオススメしない理由

この記事を書いている僕は、雪山のトレッキングガイド経験が3年ほど。

毎年1月~雪解けまで、お客さんを連れて毎日ガイドをしていました。

こういった僕が、解説していきます。

樹氷鑑賞に最適な服装【毎日吹雪】

基本的に樹氷のピークは1月~3月(地域によって差異あり)

この時期の雪山は、ほぼ毎日吹雪です。

暖かい地域から観光に行く方にとっては、想像を絶する寒さだと思います。(-10℃以下)

視界状況もかなり悪く、20m~30m先までしか見えません。

ぶっちゃけ観光雑誌などでよく見かける、晴れ晴れとした天気なんてほどありませんね。

樹氷が育つ環境というのは過酷な場所です。それだけは頭に入れておいてください。

その① トップス・ボトムス編

  • ロンT(速乾性に優れたもの)
    ・コットン素材はNG(汗が乾きにくい、体が冷えてしまう)
  • フリース(基本的になんでもOK)
    ・ない場合、セーターでもOK
    ・トレーナーはコットン素材のためNG
  • スキーウェア(ジャケット)
    ・風を通さない、ゴアテックス素材が望ましい。
    ・ない場合、ダウンジャケットでOK
    ・コットン系のジャケットは絶対NG
  • スキーウェア(ボトムス)
    風を通さない、ゴアテックス素材が望ましい。
    コットン系のボトムスは絶対NG

お気付きかと思いますが、雪山では基本コットン系はNGです。

ぶっちゃけ、それだけ押さえておけば、基本大丈夫です。

その② シューズ編

  • スノーブーツなら基本OK
    ・雪の侵入を防ぐため、ハイカットが望ましい。

その③ 小物編

  • 手袋
    ・風を通さないもの。
    写真撮影する方はスマホ対応のモノがオススメ。実は吹雪でも綺麗に写真撮れます。
  • ネックウォーマー
  • ゴーグル
    ・ない場合は、サングラスでもOK
  • ソックス
    ・保温性の高いメリノウール素材が望ましい。ワークマンで600円くらいで売ってます。
    ・コットン系、ショートソックスはNG

意外と見落としがちなのが着替え。
せっかくの旅行で風邪引かないよう、必ず持参してください。必需品です。

樹氷のオススメスポット【三大樹氷】

樹氷のオススメスポットを紹介します。

近年、温暖化が進み、樹氷がなかなか育たなくなっています。

これ以上温暖化が進むと、いつの日か樹氷が見れなくなってしまうかもしれませんね。

そのなる前に、オススメスポットへ足を運んでほしいです。

その① 蔵王山(山形県)

【場所】

蔵王ロープウェイ

【樹氷の見頃】

2月

【営業時間】

8:30~16:45

【所要時間・料金】

蔵王山麓駅~樹氷高原駅(片道約7分)

大人往復 1,500円、小人往復 800円

蔵王山麓駅~地蔵山頂駅(片道約20分)

大人往復 3,000円、小人往復 1,500円

※大人:中学生以上 小人:小学生

【アクセス】

山形駅から車で45分

【ホームページ】

その② 森吉山(秋田県)

【場所】

森吉阿仁スキー場

【樹氷の見頃】

2月

【営業時間】

9:00~16:00

【所要時間・料金】

山麓駅~山頂駅(片道約20分)

大人往復 1800円 小学生往復 800円

【アクセス】

JR鷹ノ巣駅から車で20分

【ホームページ】

その③ 八甲田山(青森県)

【場所】

八甲田ロープウェー

【樹氷の見頃】

1月下旬~2月

【営業時間】

9:00~15:40

【所要時間・料金】

山麓駅~山頂公園駅(片道約10分)

大人往復 2000円 小人往復700円

【アクセス】

JR青森駅から車で80分

【ホームページ】

以上。

この3つは「日本三大樹氷」に選ばれているスポットなので間違いないです。

・蔵王ロープウェイ、森吉阿仁スキー場では、樹氷ライトアップ観賞(蔵王ロープウェイは12月~2月、森吉阿仁スキー場は2月)、
八甲田山ロープウェーでは、樹氷トレッキングツアー開催しています。(1月~3月)

どちらも要予約なので、気になる方は是非ホームページをチェックしてください。

樹氷鑑賞の際、レンタカーをオススメしない理由

結論として、オススメしません。

なぜなら、雪山道の運転には慣れ、テクニックが必要だからです。

ご存じだとは思いますが、雪道とコンクリート道の運転の仕方は全く違います。

アクセルやブレーキの踏み方はもちろん、ハンドルの切り方が別世界。

1つでも間違うとスリップ事故、衝突事故を起こしてしまいます。

ここまで読んだ方は、

もしかすると「そんな簡単に事故らないでしょ」と思うかもです。

たしかに、雪道だとそこまで心配する必要はないかもですが、目的地は極寒の樹氷スポットです。「雪山道」なのです。

毎年のようにスリップ事故、衝突事故が多発しています。

なので繰り返しますが、レンタカーはオススメしません。

交通公共機関の利用をオススメします。

各スポット 公共交通機関情報

蔵王ロープウェイ

森吉阿仁スキー場

八甲田ロープウェー

備えあればうれいなし

というわけで、今回は以上です。

旅行を思い切り楽しむには、事前準備が必要です。

服装はもちろん、施設や飲食店の営業時間、交通公共機関の時刻表、天候などもあらかじめ調べておきましょう。

事前準備を怠るとせっかくの旅行が台無しになってしまうことも。

しっかり準備して思い出に残る楽しい旅行にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です