エッセイ執筆中

【毎日吹雪】元トレッキングガイドが教える樹氷鑑賞に最適な服装(オススメスポット・レンタカーNGの理由)

悩む女

「樹氷鑑賞に最適な服装は?」
「オススメのスポットは?」
「レンタカーで行っても大丈夫?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 樹氷鑑賞に最適な服装
  • 樹氷オススメスポット【日本三大樹氷】
  • レンタカーはNG【雪山道は危険】

この記事を書いている僕は、雪山のトレッキングガイド経験が3年ほど。

毎年1月~雪解けまで、お客様のガイドをしていました。

こういった僕が、解説していきます。

樹氷鑑賞に最適な服装【毎日吹雪】

基本的に樹氷のピークは1月~3月
(地域によって差異あり)

この時期の雪山は、毎日吹雪です。

・想像を絶する寒さ(-10℃以下)
・何も見えない最悪の視界状況(常時20m~30mの視界)
・立ってられないの程の強風(平均15m/sほど)

観光雑誌などで見かけるような晴れ晴れした天気は、ほぼありませんね。

樹氷鑑賞ができる場所は、基本的に過酷な環境です。

それだけは、頭に入れておいてください。

最適な服装① トップス・ボトムス編

  • 長袖Tシャツ(速乾性に優れたもの)
    ・コットン素材はNG
    (汗が乾きにくく、体が冷えてしまう)
  • フリース(基本的になんでもOK)
    ・セーターでもOK
    ・コットン素材はNG
    (トレーナー、パーカーなど)
  • スキーウェア(ジャケット)
    ・ゴアテックス素材がベスト
    ・ダウンジャケットでOK
    ・コットン素材はNG
  • スキーウェア(ボトムス)
    ・ゴアテックス素材がベスト
    ・コットン素材はNG
    (チノパン、スウェットパンツなど)

雪山でコットン素材はNGです。

コットン素材は、汗を発散してくれません。

汗が発散されないまま放置すると、「低体温症」になってしまいます。

基本的に「コットン系はNG」を押さえておけば問題ありません。

最適な服装② シューズ編

  • スノーブーツなら基本OK
    ・ハイカットだと尚グッド
    ・ゴアテックス素材だと最高

最適な服装③ 小物編

  • 手袋
    ・風を通さないもの
    ・写真撮影する方はスマホ対応のモノがオススメ
    (吹雪でもキレイに撮れます)
  • ネックウォーマー
    ・なんでもOK
  • ゴーグル
    ・サングラスでもOK
  • ソックス
    ・メリノウール素材がベスト
    (ワークマンで売ってます。600円くらい)
    ・コットン系やショートソックスはNG

樹氷鑑賞の際、見落としがちなのが着替え。

せっかくの旅行で風邪引かないよう、着替えは必ず持参してください。

樹氷オススメスポット【日本三大樹氷】

樹氷のオススメスポットを紹介します。

近年温暖化が進み、樹氷が育たなくなっています。

これ以上温暖化が進むと、樹氷が見れなくなってしまうかもしれません。

そうなる前に是非、樹氷を肌で体感してほしいです。

オススメ① 蔵王山(山形県)

【場所】
蔵王ロープウェイ

【樹氷の見頃】
2月

【営業時間】
8:30~16:45

【所要時間・料金】
蔵王山麓駅~樹氷高原駅(片道約7分)

大人往復 1,500円
小人往復 800円

蔵王山麓駅~地蔵山頂駅(片道約20分)

大人往復 3,000円
小人往復 1,500円

※大人:中学生以上
※小人:小学生

【アクセス】
山形駅から車で45分

蔵王ロープウェイ【ホームページ】

オススメ② 森吉山(秋田県)

【場所】
森吉阿仁スキー場

【樹氷の見頃】
2月

【営業時間】
9:00~16:00

【所要時間・料金】
山麓駅~山頂駅(片道約20分)

大人往復 1800円
小学生往復 800円

【アクセス】
JR鷹ノ巣駅から車で20分

森吉山阿仁場【ホームページ】

オススメ③ 八甲田山(青森県)

【場所】
八甲田ロープウェー

【樹氷の見頃】
1月下旬~2月

【営業時間】
9:00~15:40

【所要時間・料金】
山麓駅~山頂公園駅(片道約10分)

大人往復 2000円
小人往復700円

※大人:中学生以上
※小人:小学生

【アクセス】
JR青森駅から車で80分

八甲田ロープウェー【ホームページ】

日本三大樹氷【イベントあります】

上述した3つの施設は「日本三大樹氷」に認定されているスポットです。

毎年国籍問わず多くの方が「日本三大樹氷」を求め足を運んでいます。

各施設、イベント開催しています。

・樹氷ライトアップ観賞会
蔵王ロープウェイ・森吉阿仁スキー場で毎年開催
(期間:蔵王ロープウェイ、森吉阿仁スキー場ともに2月)

・樹氷トレッキングツアー
八甲田山ロープウェーで毎年開催
(期間:1月上旬~3月末)

イベント参加には、予約が必要です。

気になる方は、ホームページをチェックしてみてください。

レンタカーはNG【雪山道は危険】

レンタカーはオススメしません。

なぜなら「雪山道」の運転には、テクニックが必要だからです。

正直雪が積もらない地域の方には「雪山道」の運転は難しいです。

ご存じだとは思いますが「雪山道」と「アスファルト道」の運転の仕方は全く違います。

アクセル・ブレーキの踏み方はもちろん、ハンドルの切り方が別世界。

1つでも間違うとスリップ事故・衝突事故を起こしてしまいます。

ここまで読んだ方は、もしかすると「そんな簡単に事故らないでしょ?」と思うかもです。

たしかに市街の「雪道」だとそこまで心配する必要はないかもです。

しかし、目的地は極寒の樹氷スポットです。

「雪山道」なのです。

ツルツル・テカテカ急勾配な道を運転しなければならないのです。

「雪山道」では、毎年のようにスリップ事故・衝突事故が多発しています。
(シーズン中は、週に1度は事故があります)

「ホワイトアウトで先の道が見えない!」なんてことも少なくありません。

繰り返しになりますが、レンタカーはオススメしません。

交通公共機関の利用をオススメします。
(路線バスまたはタクシー)

各スポット 公共交通機関情報

蔵王ロープウェイ

森吉阿仁スキー場

八甲田ロープウェー

備えあればうれいなし

というわけで、今回は以上です。

最後に1つだけお伝えします。

それは「旅行を思い切り楽しむには、事前準備が必要」ということ。

施設等の営業時間や交通公共機関の発出時刻、天候なども事前に調べましょう。

事前準備を怠ると、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

事前準備をしっかりして、思い出に残る楽しい旅行にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です