エッセイ執筆中

【実体験】ランニングがもたらす、精神的効果3つをまとめました

悩む人

「ランニングの精神的効果を知りたい」
「忙しくてあまり時間が取れないけど、大丈夫かな」
「ランニングしたいけど、、仕事に支障が出ないか不安」

こういった、疑問に答えます。

本記事の内容
  • ランニングがもたらす、精神的効果をまとめました
  • 忙しい人でも、効果を得られる理由
  • ランニングの際、注意すべきこと3つ

この記事を書いてる僕は、精神バランスを崩した時期がありました。
その時期、会社に行くのがイヤでイヤでしかたなかったです。人生最大の病み期でしたね。

そんな僕を救ったのが「ランニング」。張り詰めていた心が徐々に緩んでいきました。
それ以降僕は、ランニング信者です。
もちろん精神のバランスを崩してません。

精神的効果は抜群。ランニング歴は5年以上です。

こういった僕が、解説していきます。

1.ランニングがもたらす、精神的効果3つをまとめました

その①ポジティブ思考になる

ランニングはポジティブ思考へ導く王様です。

ランニング前とランニング後では、まるで別人。

「あれ?なんであんなに落ち込んでたんだっけ?」と思う事がよくあります。

これは、ランニング中に脳内に放出される神経伝達物質「エンドルフィン」が要因となっています。

「エンドルフィン」は心肺機能を高める運動をした時に放出され、高揚感・多幸感を与えてくれる。もちろん運動生理学で証明済み。

つまり心肺機能を高める運動の代表格のランニングは、ポジティブ思考にうってつけなのです。

スローペースで走ると「エンドルフィン」は放出されやすいです。ハイスピードはNG!

開放感のあるコースを走るとより効果的。

その②自信がつく

ランニングは他のスポーツと比べると自信が比較的つきやすい。

才能や体格の優劣があまり関係ないスポーツだからです。

コツコツやれば確実に成長します。今日より明日。明日より明後日。

その成長が自信に繋がる。

そしてその自信は、思考を変え、人生を変えます。

その③集中力がつく

ランニングには集中力を司っている「前頭葉」を刺激する効果があります。

それによって集中力が高まり、いつでもどこでも質の高い作業を行うことが可能になります。これは運動生理学で証明されています。

どうなら質の高い作業をしたいですよね。

ランニングは良い事尽くめです。

2.忙しい人でも、効果を得られる理由

どんなに忙しい人でもランニングの効果は得られます。

なぜなら、週3回、1回30分でOKだからです。

スポーツ精神科医としてアスリートのメンタルケアに取り組んでいる、

岡本浩之さんはこう言います。

70%くらいの強度のランニングを「1回30分、週3回以上」あたりがメンタルが1番良い。

どうです?

これだとそこまで難しくないですよね?

朝30分だけ早起きしたり、夜のダラダラ時間を30分だけ削るだけです。

とは言っても

「1週間天気悪く手走れなかったらどーすんだ」

「用事が立て込んで走れない時はどーすんだ」

そう思う方もいると思います。

そういう時はサボっちゃいましょ。

あなたは何も悪くない。天気と用事のせいにしちゃいましょう。

自分を責めるのが1番良くない。

軽い気持ちではじめて、徐々にランニングを「習慣化」させてしまえばこっちもです。

コツコツ地道にいきましょう。

3.仕事に支障を出さない。ランニングの際、注意すべきこと3つ

その①:10キロ以上走らない

理由は簡単。10キロ以上走ると疲れちゃうからです。

僕の経験上、確実に眠くなります。

午後の業務に支障が出ます。

なるだけ走る距離は10キロ以下にしましょう。

夜走る人も、眠れなくなる(興奮状態しばらく続く)なので10キロ以下の方がいいです。

その②:ハイスピードで走らない

ハイスピードでのランニングはオススメしません。

理由は2つ。
1つは疲れて眠くなってしまうから。
もう1つはエンドルフィンが放出されにくくなるからです。

どちらの理由も上記で説明しているのでここでは省略します。

ハイスピードで走る方がカッコいいし、走った感があって良いですよね。
でも、業務と精神面の方が大切!

マラソン大会出場を目指すいわゆる「本気組」でない限りスローペースで走りましょう。

その③:ストレッチを忘れない

これが1番大切なポイントですね。

ケガをしたら元も子もない。業務に支障出まくりです。

ストレッチは基本中の基本。念入りに体をほぐしてください。

特に足首は気を付けて下さい。簡単に捻ってしまいます。

なんでもトライしてみよう

というわけで、今回は以上です。

最後に1つあり、それは人生なんでもトライしてみようということ。

会社員や学生は常に組織の中で生活しているので、視野が狭くなりがちです。

「これは時間が無いからできない」「これは自分に向いていない」

なんでも決めつけてしまいます。

その考えは捨てましょう。

あなたは何だって出来ます。アナタが望みさえすれば。

ランニングは誰でも簡単始めることが出来ます。

この記事を読んで、少しでもやってみようと思った人はぜひ挑戦してみて下さい。

きっと、今まで見えなかったモノが見えてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です