エッセイ執筆中

【スキーパトロール経験者が伝授】スキーパトロールの仕事内容、資格、給料

悩む人

「スキーパトロールってどんな仕事?」
「資格って必要?」
「給料ってどのくらい?」

こういった、疑問に答えます。

本記事の内容
  • スキーパトロールの仕事内容
  • 資格がなくてもスキーパトロールになれます
  • スキーパトロールの給料事情

この記事を書いている僕は、スキーパトロール経験をが3年ほど。

上級者向けのスキー場に勤めていたのでスキーパトロールの過酷さはもちろん、責任の重さも熟知してます。

毎年全国各地で開催される講習会にも積極的に参加。スキーパトロールとしての知識も豊富です。

こういった、僕が解説していきます。

■スキーパトロールの仕事内容

その前に1つ補足。

僕が働いていたスキー場は、全コース非圧雪の珍しいスキー場。
なのでスキー場の定番アイテム「圧雪車」が不必要。

仕事内容に圧雪作業が含まれないことをあらかじめ伝えておきます。

なお、スキー場が国立公園に指定されている場所にあるので、スノーモービルの使用が禁止されていました。

その① スキー場の見回り

お客さんが安全に滑走出来ているか、ケガしていないか、困っていないか注意深く観察する。
思うように滑走できず困っている人には、技術的な指導をしてあげたり、荷物を持ってあげたりもする。
滑走に苦戦して動けない人には、パトロールが常備している「スノーシュー」を履かせて一緒に下山する時もある。(お客さんのスキーorスノーボードを持ってあげる)

その② スキー場の管理

安全なコース作り。コースに設置している誘導ポールやネットに不具合なく、お客さんが迷わないように設置されているか、ブッシュ(低木、藪)は出ていないか念入りに確認する。

特にネット・ポール設置には気を使わなければいけない。

これを怠ると、遭難者が激増してしまう。

初めて滑る人の気持ちになって、ネット・ポールの設置することが大切。

その③ ゲレンデ状況の発信

その日のゲレンデ状況(雪質、降雪、視界状況等)を確認し、施設のモニターやスキー場のHPに発信する。

お客さんはこの状況を確認して、今日はどのコースを行くかを判断するので、
責任感を持って行わなければならない。

お客さんにとってスキーパトロールは「スキー場の主」
常にゲレンデ状況は頭に入れておく必要がある。

ちなみに、顔馴染みのお客さんには毎日のようにゲレンデ状況は聞かれます。

■資格がなくてもスキーパトロールになれます

誰でもスキーパトロールとして働くことが可能です。

資格の有無は実際の業務にほとんど関係ないですね。
資格があると「ハクが付く」くらいです。

資格は、取りたくなったら取るくらいの心意気でOK!

無理して取る必要はないと思います。

ちなみに私は持っていません。

ぶっちゃけ「体力」「やる気」「根性」があればスキーパトロールになれます。

スキーパトロールの給料事情

スキーパトロールで生計を立てるのは難しいです。

なぜならスキーパトロールのほとんどが、ボランティアかアルバイトだからです。

アルバイトは多くても月15万円くらい稼ぐのが精一杯だと思います。ボランティアはもちろん収入ゼロ。

僕が勤めていたスキー場は、パトロールの8割以上の人はボランティア。(定年を迎えた人やフリーで働いている人が多かったです)

スキーパトロールでお金を稼ぎたい!と思ってる方には酷な給料事情。

でもこれが現実。しょうがないです。

それでもスキーパトロールを諦められない方には、その施設の正社員になる事をオススメします。

少々荒っぽいですがこの方法だと、安定した給与を貰いながらスキーパトロールとして働くことが可能です。

僕はこの方法でスキーパトロールになりました。

スキーパトロールをやるメリット

給料面で不安はありますが、もちろんメリットもあります。

その① 上達が早い

スキーパトロールの人達は当たり前ですがスキーが上手いです。
元国体選手や、スキーの講師をしている人がガンガンいます。

そんなスキー上級者の人たちと毎日滑っていると自然とスキーが上手くなります。
もちろん、意識的にその人達を観察することが大条件ではありますが。
他の人の3倍は上達が早いと思います。

目の前にお手本がいるので当たり前ですね。

その② タダでスキーが出来る

タダでゴンドラ、リフトに乗れます。仕事なので当たり前ですね。
タダでスキーが出来るからパトロールやっているという人も結構います。
もちろん仕事なので、「思う存分滑りを楽しむ!」って事は出来ません。

常にコースに不備はないか、困っている人はいないか等、気を配っていなければいけません。

それでも、タダでスキーが出来るのは嬉しいです。

その③ 新雪を一番乗りで味わえる(非圧雪コースがあるスキー場)

スキーパトロールは上質な新雪を誰よりも早く味わえます。

安全点検として営業前に滑ることができるからです。

「営業前」=「誰も足を踏み入れていない」

なので、パトロールは上質な新雪を1番乗りで味わうことができるのです。

スキーパトロールとして最も楽しい瞬間です。

スキーパトロールはやるべき

というわけで、今回は以上です。

僕は、スキーパトロールに少しでも興味ある方は、トライすべきだと思っています。
この記事をここまで読んでくれた方は、スキーパトロールに興味がある方だと思うのでぜひトライしてほしいです。

なぜなら、楽しいからです。

僕が勤めていたスキー場のパトロールで不平不満を漏らしていた人は1人もいませんでした。
全員が目をキラキラ輝かせながら仕事をしていました。

こんな職場、今の時代そうそうないですよ。

たしかに給料面の不安はあります。裕福な生活はできません。

でも人生お金だけではありません。

お金より、毎日の充実感の方がよっぽど大切だと僕は思います。

スキーパトロールは充実感を得ることのできる素晴らしい職業です。

是非、トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です