エッセイ執筆中

【効率UP】タッチタイピング習得のススメ「作業の質」を劇的に向上させるメリット3つ(タッチタイピングとは?習得期間は?)

タッチタイピングについて、

「コレ!といったメリットがない!!」
「タッチタイピングしなくても業務に支障は出ないから必要ない!」
「特にタイピングスピードを求めていない!」

そう思っている方いませんか?

結論から言います。

タッチタイピングは習得した方がいいです。

というのもタッチタイピングには様々なメリットがあり、その可否で

「作業の質」に大きな差が生まれます!

この記事では、数あるメリットの中から厳選した3つのメリットを紹介します!

最後まで記事を読むと、タッチタイピングを体験せずにはいられなくなるはず。

それでは、いってみよう!!

そもそもタッチタイピングとは?

「タッチタイピング=キーボードを見ずにキーを叩く」

視覚に頼らず、指の感覚だけを頼りにキーを叩くタイピング技法。

※一昔前はブラインドタッチと呼ばれていました。

しかし「差別用語では?」という声が広まり、タッチタイピングと呼ばれるようになったそうです。

どのくらいの人がタッチタイピング出来る?

就職情報サイトのマイナビが2017年に行った「タッチタイピング」の調査によると、社会人の約60%がタッチタイピング未習得と答えたそうです。

10人いたらその中の4人しかタッチタイピングを取得していないのです。

意外と少ない!ビックリ!!

たしかに僕が以前勤めていた会社で、タッチタイピングしている人は1人もいませんでした。

タッチタイピングが習得出来たら、社内で一目置かれるかもしれませんね。

習得期間は?

調べてみると1日で習得したという強者もいるみたいですが、コレは例外。

そんな易々とタッチタイピングは習得出来ません。

個人差もありますが、2週間くらいで習得可能かなと思います。

1日2時間×14日=28時間(期間を空けず毎日練習して下さい)

上記のスケジュールで練習すれば間違いなく習得出来ると思います。
(期間を空けず毎日練習して下さい)

「1日2時間も練習に充てられないよ!」

と、いう方もいると思います。

そういった方は、

「常にタッチタイピングを意識しながらキーボードを打って下さい!」

時間(2ヶ月くらい)は掛かりますが、確実に習得できます。

徐々に手が勝手に動くようになりますよ。

根気よくトライしてみて下さい。

また、タッチタイピングは知らず知らずうちについた「手癖」を直すところから始まります。

コレが意外と大変な作業で、始めは思うように指が動いてくれずイライラします。

僕は手癖が凄くて、矯正するのに時間が掛かりました。

何度トライしても手癖が取れず、

「タッチタイピングの才能ないんじゃないか?」

と、かなり悩みましたし、落ち込みました。

「もーイヤだ。もー嫌だ」

と、毎日ボヤいていた気がします。

それでも、根気よく練習を続けた結果なんとか1ヶ月程で習得出来ました。

「ゆっくり焦らず根気よく」

それがタッチタイピング習得には必要かなと思います。

「継続は力なり」です!

タッチタイピングのメリット

メリット 集中力向上

タッチタイピングを習得すると、集中力が上がります

なぜなら「キーを探す」をする必要が無くなるからです。

人間は思考があちこちに飛んでしまうと、集中力が切れてしまう生き物。

「PC画面見る」→「キーを探す」→「PC画面見る」→「資料見る」→「キーを探す」

思考があちこちに飛んでますね。

これだと頭の中が雑念だらけ。

なかなか集中できません。

タッチタイピングを習得すると「キーを探す」が無くなります。

「PC画面見る」→「資料見る」→「PC画面見る」→「資料見る」→「PC画面見る」

どうでしょう?

だいぶスッキリしましたよね?

このスッキリ感が、そのままシンプルな思考に直結します。

シンプルな思考雑念が少ない集中力が増す

つまりタッチタイピングは、集中力向上のキーパーソンなのです!

「作業が進まず悩んでる方」「集中を持続できない方」

是非タッチタイピングに挑戦してください!

メリット② 打ち間違いにすぐ気付ける

タッチタイピングを習得すると打ち間違いがほとんどなくなります。

なぜか???

答えは簡単。

画面を見ているからです。

タッチタイピング未習得の人は、誤字や同音異議の間違いを見逃す確率が高いです。

人間はミスをする生き物です。

どんなに優秀な人でもミスします。

でも、ミスを最小限にすることは可能です。

誤字や同音異義語のミスを最小限する1番の近道は、タッチタイピングだと思います。

メリット③ 脳が活性化される

タッチタイピングは脳を鍛えられます。

もはや「脳トレ」です。

なぜなら右手と左手をバランス良く使うから。

というよりも、利き手でない手を使うからですね。

タッチタイピング未習得の人は、利き手のみでタイピングしている割合が多いです。

無意識のうちに利き手ばかり使っているのです。

それでは脳の力を最大限に活かせません!

脳には右脳と左脳があり「右手を使うと左脳」「左手を使うと右脳」が働きます。

利き手ばかりを使う現代人に多いのが、片方の脳だけがいびつに発達している「片脳覚醒」です。

つまり、利き手ばかりを使っている人はどちらかの脳がほぼ機能停止している状態。

モッタイナイです!!

今すぐタッチタイピングを習得し、脳をフル活用できる「両脳覚醒」を目指しましょう!

タッチタイピングのルール

タッチタイピングには、ルールがあります。

「このキーはこの指でタイピング」
「あのキーはこの指で」


と、あらかじめ決められています。

※「Fキー」は左手薬指「Kキー」は右手中指など

もちろん両手をバランスよく使います(厳密には右手の方が若干多い)

このタッチタイピングの動作が、脳を鍛えられる要因になっています。

両手を万遍なく使うことによって、両方の脳が刺激され、脳のキャパシティが格段に増えます!

キャパシティが増えることによって思考領域が広がり、今まで思いつかなかった斬新なアイデアが浮かんでくるようになるかも!?

オススメ練習サイト

1.ひよこでも出来るタイピング練習講座(初めての方にオススメ!キーと指の位置を覚える)

2.e-typing(イータイピング)(実践編①毎週火曜日にお題更新)

3.寿司打(実践編②)

まとめ

以上、タッチタイピングのメリット3つをご紹介しました。

解説のポイント
  • 集中力が続く
  • 打ち間違いにすぐ気付ける
  • 脳が活性化される

あとは、実践あるのみです。

僕はタッチタイピングを取得してから「作業の質」が格段に上がりました。

キーボードを見ながら打っていた時とは、比べ物になりません。
2時間掛かっていた作業が1時間で出来るようになりました)

タッチタイピングを取得して「作業の質」を高め、ちゃっちゃと仕事を片付け、残りの時間は思い切りサボりましょう!(笑)

有効な「サボり時間」の使い方を紹介した記事を書いてます。

仕事がヒマ「オススメの暇つぶし5選」【上司にバレない方法も教えます】

よかったら、覗いてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です